売れ行き好調新型ハリアー

もともとは都市型SUVの走りとして売れに売れていたハリアーですが、レクサスRXに吸収されてもしばらくはハリアーとして売られていました。
そのうちハリアーとしての国内販売はなくなってしまったものの、トヨタ系ディーラーからの強い要望により、国内専用車として復活した経緯があります。
しかし、ディーラーからの要望があったといえ、国内専用車を作ってしまうのはさすがトヨタといったところでしょうか。
まぁ、専用車といってもシャシーとかいろんなパーツとか全くのハリアー専用オリジナル仕様という訳ではなく多車種と共通化しているものの多いでしょうから、そう考えるといろいろなクルマを作っているというのは新車開発の強みでもありそうです。

一昔前のトヨタというと、カローラやマークⅡ(マークXの前身)といったように、よく言えば良く出来た大衆車、悪く言うと無個性のつまらないクルマというイメージが強かったものですが、ハリアーに関してはそんなイメージとは無縁です。
ぱっと見でハリアーだとわかりますが、無個性とか格好悪いいうイメージは全くありません。
値段は安くありませんが、内装の質感や装備など同じような輸入車だったら倍近い値段になってしまうことを考えればを考えれば、決して高いとも言えないと思います。
人気が出るのもうなずけます。

Posted by 2016年4月26日 Category: 雑学