Monthly Archives: 6月 2014

新車ディーラーの営業マン

新車を購入する時には新車ディーラーにて購入することがほとんどだと思いますが、その時に対応してくれるのが営業マンです。
車選びや車の説明、購入計画、購入処理などすべて行ってくれる非常にありがたい方なのですが、これはあくまでも「これから新車を購入してくれるから」という前提があるからここまで丁寧のやってくれるのです。
新車を購入すれば、その後の定期点検や車検などもよほどの事情がない限りそこで行うことになり、そこで発生する利益などもあるのですから、真剣になるのも当然です。逆にいえば、そこで車を買わない、あるいはそこで整備などを行うことはないという状態になると手のひらを返したかのような態度をとる営業マンも少なからず存在します。
これは実体験なのですが、同じ都内同士の3区内の東端の区から北端の区に引っ越しをしただけで、今まで車で5分程度の位置にあったディーラーからの連絡やお知らせの手紙などが全く来なくなりました。
新しい家からは都内の混雑を踏まえても1時間くらいかかるので、「そこから店舗に足を運ぶことはない」と思ったのでしょう。
しかし、点検の際に、遠くなったけどこれからもこの店舗を使いますよ的なことを伝えたら、その後からはまたダイレクトメールやお伺いの電話などが来るようになりました。商売というのはこういうものではないと思うのです。
特に高額商品である自動車であればなおさらです。
営業マンは売るだけが営業マンの仕事ではありません。
自動車メーカーとユーザーの橋渡し役を担うことも必要なのです。