Next page →

トヨタ車のOEMであるダイハツのメビウス

トヨタの場合、OEMで供給したり供給を受けるというイメージはあまりないかも知れませんが、実際にはいくつかの車種で行われています。
それほど数が多いわけではありませんがOEMで供給している車には意外なものもあって、なんとなーく見た目はトヨタの○○っぽいけど、エンブレムがトヨタじゃないけど何これ?と思った人もいるかもしれません。 (さらに…)

売れ行き好調新型ハリアー

もともとは都市型SUVの走りとして売れに売れていたハリアーですが、レクサスRXに吸収されてもしばらくはハリアーとして売られていました。
そのうちハリアーとしての国内販売はなくなってしまったものの、トヨタ系ディーラーからの強い要望により、国内専用車として復活した経緯があります。
しかし、ディーラーからの要望があったといえ、国内専用車を作ってしまうのはさすがトヨタといったところでしょうか。
まぁ、専用車といってもシャシーとかいろんなパーツとか全くのハリアー専用オリジナル仕様という訳ではなく多車種と共通化しているものの多いでしょうから、そう考えるといろいろなクルマを作っているというのは新車開発の強みでもありそうです。 (さらに…)

軽ハイブリッドモデルが続々と

ハイブリッドモデルというとプリウスとかフィットとかいわゆる登録車が頭に出てきますが、実は軽自動車にもここ最近続々とハイブリッドモデルが発売されるようになりました。
事の発端はスズキがS-エネチャージという簡易型ハイブリッドシステムを開発したことによります。
それまでにも軽自動車においてハイブリッドモデルが作られたことがあったのですが、それはいわゆる「企画もの」ということで一般的に量産された車ではなく、普通にいう量産車としての軽ハイブリッドモデルはこのS-エネチャージ搭載モデルが最初となります。
S-エネチャージは、回生エネルギー回収システムのエネチャージの改良版で、スターターモーター兼回生エネルギー回収用モーターをパワーアップして、それをアシストモーターとして使おうという形で作られました。
そのため、モーターだけの走行はできず、あくまでもガソリンエンジンのアシストとして機能します。
これが初めてつけられたのがワゴンRシリーズ、燃費も格段と向上し、更にモーターアシストによって走行性能も向上したということで一躍人気モデルとなりました。

(さらに…)

発炎筒にも使用期限がある

車というものはいろいろな法律の下で運用するもので、車体のあちこちにはいろいろな法律による制限が課せられています。
一番大きくのしかかってきている法律というのが保安基準というものです。
保安基準というものは車を安全に運転することができるように決められた、モータースポーツでいうところのレギュレーションみたいなもので、ここから何センチ、音量は何デシベルなどと数値で決められているもののほかに、これは常に積んでおかなければならないというようなことも決められています。
その1つとなるのが発煙筒です。

(さらに…)

MIRAIの発売どうなる?

とうとうトヨタが水素を使ったFCVを発売しました
名前はMIRAI、ちょっとばかり単純なネーミングですが、2014年11月18日に発売以来かなりの注文が入っているようです。
この車は簡単に行ってしまえば自分で発電するEVで、電力供給源は外部電力ではなく、水素と大気中の酸素をつかってそれらの化学反応をつかって電気と水を作り出すというもので、この車を走らせるには水素が必要になります。
そのためにはガソリンスタンドよろしく水素ステーションというものが必要なのですが、不思議なことにこの車を発売することが決まってから国が水素ステーションの設置するようになったのです。
この動きを見てすぐに思いついたのがプリウスが発売された時に行われたエコカー補助金やエコカー減税、これもどういうわけかプリウスの販売を後押しするような動きになったいたのです。
そして今回のMIRAIの発売に前よりもまして早い反応を政府が見せたのです。
トヨタと政府が癒着しているとまではいいませんが、何か怪しい気もします。
日本でたった一車種のFCV用に水素ステーションをたくさん作る前に、だいぶなじんできたEVの充電スポットを増やしたり、電気の「又売り」をできるような法整備が先決なのではないでしょうか。

(さらに…)

ターボ車と燃費の問題

簡単にパワーアップすることができるターボチャージャーですが、ここ最近はかなりの嫌われ者となっているようです。理由は燃費の問題です。この世の中、燃費が悪ければ売れない、燃費が悪ければ車じゃないとまで言われるようになっていますが、ターボチャージャー付きのエンジンを持つターボ車はまさにこの売れない車の1つとなってしまっているのです。ターボエンジンはタービンの力で空気を無理やり送り込み、シリンダー内の酸素の充填率を上げることによってパワーを稼いでいるのですが、シリンダー内で大きなエネルギーを得るためにはただ単に圧縮した空気を入れればいいという事ではなく、その空気の量に見合った燃料が必要となるのです。いわゆる空燃比というやつで、燃料:1に対して空気がどれだけ混ざっているかというもので、一般的には14.7が理想とされています。実際のエンジンを見るとこの理論空燃比を常に満たしているという事ではないようですが、これに近づけるのがいいとされています。

(さらに…)

トヨタの軽自動車部門を請け負うダイハツ

ダイハツは言わずと知れたトヨタの子会社で、トヨタグループの軽自動車部門を請け負う自動車メーカーです。軽自動車の世界は、現在低燃費戦争の真っ只中で、0.1km/Lでも燃費を向上させようと躍起になっています。
そんな中でダイハツは、イーステクノロジーという低燃費技術群を生み出し、それをミラやムーブ、新しいタントなどに採用し、優れた低燃費を実現した車をたくさん生み出しているのです。ライバルとなるのはスズキで、アルトにはミラ、アルトエコにはミライース、ムーブにはワゴンR、スペーシアにはタントを言った感じで真っ向から勝負に出ています。
とはいっても、ダイハツはトヨタの子会社、トヨタの息が強くかかった自動車メーカーです。従って、ダイハツとトヨタの間で頻繁にOEM供給がおこなれていることも不思議ではありません。

(さらに…)

新車ディーラーの営業マン

新車を購入する時には新車ディーラーにて購入することがほとんどだと思いますが、その時に対応してくれるのが営業マンです。車選びや車の説明、購入計画、購入処理などすべて行ってくれる非常にありがたい方なのですが、これはあくまでも「これから新車を購入してくれるから」という前提があるからここまで丁寧のやってくれるのです。
新車を購入すれば、その後の定期点検や車検などもよほどの事情がない限りそこで行うことになり、そこで発生する利益などもあるのですから、真剣になるのも当然です。逆にいえば、そこで車を買わない、あるいはそこで整備などを行うことはないという状態になると手のひらを返したかのような態度をとる営業マンも少なからず存在します。

(さらに…)

消費税増税ってビジネスチャンス

今の日本の経済は増税の話題でもちきりとなっており、駆け込み需要のおかげでかなり金回りがよくなっていますが、それは自動車関連も例外ではありません。
自動車は一般の商品と比べて、基本となる商品価格が非常に高く、それによって消費税もかなり高くなっています。
例えば300万円の車を購入した場合、現行では15万円が消費税となるのですが、8%増税後では24万円、10%増税後では30万円が消費税として支払う必要があるのです。
対して購入時に支払う自動車取得税は、5%から3%になるという事でいくらか負担が軽くなるのですが、消費税で負担が増えた分を相殺するような金額ではありません。

(さらに…)

車の無難路線の陰に先進性は無し

車というのは年々進化していき、今までできなかったことが低価格で容易にできるようになるものです。エンジンに関しても昔はリッターあたり50ps出すのがやっとだったものが、現在ではリッターあたり150ps出すことも容易となりました。
ただ、トヨタの車に関して言えば、それなりに進化はしてきているのですが、進化の度合いが非常に遅いのです。それは、トヨタの根底にある「無難」というものが邪魔をするからです。

(さらに…)

Next page →